CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
明けましておめでとうございます


昨年中は、ありがとうございました

関わる 繋がる 全てに感謝します

スローペースで歯痒さもありますが

大切に想う事を大事に、今年も精進したいと思います

どんな一年になるでしょう

みんな皆が、健康で元気で笑っていられますように

2014年も、どうぞよろしくお願いいたします

 
| 想い | 10:56 | - | - |
石けんのご購入について


very much moreのショッピングページは、

2013年7月1日より、会員制とさせていただく事になりました。

どなたでもご覧いただけるのですが、カートは会員ログインした方にしか表示されません。

お買い物いただくには、ドネーション制の会員登録をしていただき

ログインパスワードを取得していただくという、、

少々ご面倒をおかけしてしまいますが、何卒ご理解ご賛同いただけましたら幸いです。

変なことするなぁ と、不思議に思うご意見もあるかとはおもいますが、

世の中にたくさんあるweb shopの中で、こんなサイトがたまにはあっても

まぁ、よいか  と、自分の想いを始めてみることにしました。

今までご購入いただいておりました顧客さまにも、お買い物していただくには

また新たに、ドネーション会員登録をしていただかなくてはならない事

本当に申し訳なく思っております。


新しい石けんは、3種類と 初回の割に少ないのですが

よろしければご覧下さい。


7月の手作り石けんワークショップは、7月下旬を予定しています。
詳細は、少しお待ち下さい。

| 想い | 23:55 | - | - |
本当に有難うございました。


12日の発売日には、沢山のアクセス・ご注文をいただき

本当に有難う御座いました。

人用石けん・石けん置きは有難い事に完売し、

本日全て発送させていただきました。


一件一件、送り状にお名前を書きながら、

お会いした事は無いものの、お顔が浮かぶようで、

いつも不思議です。

沢山の送り状に囲まれ、旅立っていく石けんを用意しながら、

どんな人のもとで、どんな風に使われて、

使い心地はどんな風に感じていただくのか、

でも、石けんを手にした瞬間、使った瞬間に

少しでも幸せな気分を感じていただけるといいなぁ 

なんて思いながら、

もくもくとダンボールを広げ、

もくもくと新聞紙を丸め、

最後に送り状を貼って、


発送が終わる頃には、

次は、どんな石けんを作るのか、

不思議と頭に浮かんでいて、

早く作りたくなります。


そんな繰り返し。


完売は嬉しいのですが、

お買い上げいただけなかったお客様にも

次は手にしていただけるといいなぁ と

いつも はがゆい想い。


また 仕込み、がんばります。


嬉しいメッセージ 心温まるメール

有難うございました。

いただいた力を石けんに込めて

また皆様の元へお届けしたいです。







| 想い | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
動物実験
無意識に使用している化粧品やシャンプーや洗剤

お薬、口に入るもの等 私達の回りに溢れる便利なもの、

多くのものは残酷な動物実験のもとに生まれています。


動物実験というと、ラットの実験などが目に浮かびますが

使われている動物は、犬・猫・猿・ウサギ・ラット等さまざまです。


実験の様子は、さまざまな実験反対サイトで見る事が出来ますが

手が震えて、涙が出て、とてつもない恐怖を感じるものばかりです。

それは、考えられないような恐ろしい事が生きたままの状態で

行われていて、殺してあげて と思わず心の中で思ってしまう。

まさに生き地獄だと思います。


ビーグル犬は、忍耐強いのか実験用に繁殖させている会社もあります。

保健所に収容された犬猫やペットショップの売れ残った犬猫も

実験用に払い下げられる事もあるそうです。


動物実験の事は、知らない人がほとんど。

隠された裏の世界で行われている事なのですから。

私も病気をすれば病院へも行くし、と 考え出すと苦しくなり

矛盾に悩む日々もありましたが、

悩んでいても、考えているだけでも何も始まるはずもなく。




化粧品や洗剤等身の回りのものは出来る限り動物実験していないものを探し

そして出来るだけ病院に頼らないで健康いられるよう

生活や食べ物などに気をつけて過ごしたいと思ったりします。

お薬を使わずに症状を改善するフラワーレメディーも

いつかは生活に取り入れてみたい。

今思いつく 私に出来る事 を実行して過ごしてゆきたいと

思わずにはいられません。


現在は、沢山の人の訴えに後押しされ

人間の培養細胞による代替法での実験も

欧米では取り入れられ始めているようです。

沢山の実験が代替法になってゆけばよいな

と願います。


動物実験をサポートしているのは、私達 人間。

身の回りのものが  

どのような過程を経て どのように作られているのか

実験をしなくては安全性がわからないものはそれほどまでに必要なのか

少しでも何か始められる事はないか

事実を知って 思う事 感じる事は色々だと思いますが

ほとんどの人々が生活の中で

動物虐待を経て作られたものを消費している以上

すべての人がこの事実を知らなければならないのではないかと

思ったりします。

この残酷な行為を減らせるかどうかは

私たち人間の手にかかっているのだとも思います。




知りたいと思われる場合は

Link ページ、*Animal 欄に少しだけリンクを貼っています。

*残酷な写真や映像が含まれるものがあります*

その他、動物実験で検索すると色々と出てくると思います。


少しでも何かを感じて考えて下さる方がいたならば、

それは小さな一歩でも、何かが変わっていく一歩なのではないか

と信じます。




 
| 想い | 18:25 | comments(6) | trackbacks(0) |
想い
石けんの販売を始めてから

随分沢山のお問い合わせをいただきました。

子供さんのアトピー

ワンちゃんの皮膚疾患

敏感肌のお悩み など

こんなに沢山の方が皮膚の事で悩んでいる

という現実に本当に驚きました。

私個人の考えでお答えさせていただきましたが、

少しでも私の石けん達が活躍していてくれたらいいなーと願います。



体は食べるもので作られていると思っています。

我が家は、玄米 お野菜などと 少しの魚介 で過ごしています。

愛犬は素材が見える手作りご飯を注文して。

人も犬も、出来るだけ安心出来るもの 素材のおいしさ を考えながら。

添加物まみれのものは、なるべく避けたいなーと思います。



肌に安心で優しいものを選ぶと同時に、

体にも安心で優しい食べものを選ぶ、選んであげるようにすると

随分違ってくるのかもしれません。



石けん と一言で言っても世の中にはさまざまな石けんがある訳で、

合成香料、保存料、着色料、そして見た目は石けんでも

合成海面活性剤が入っている石けんは以外と多いいのです。

ベイビーソープという石けんの成分表示を見てビックリする事も。

犬用シャンプーもさまざまなものが配合されていますね。

さまざまな合成添加をする事で、お手ごろな値段で

使い心地や仕上がりは格段と素晴らしいものが出来るのでしょう。

素晴らしい使用感とうたわれる商品が世の中には溢れています。

なのに何故、皮膚のトラブルやさまざまな悩みを抱える人は

減らないのでしょうか。

増えているようにも思えます。



世間一般の方が思い浮かべる石けんの香り とは

まさしく合成のものでつけられた香り という事に

石けん作りを始めた頃に少しショックだった事を思い出します。

以前studyカテゴリーで少し書きましたが、

合成のものは使い心地を良くする反面、恐ろしい性質も持っているのだと

知ってからは、ケミカルなものが怖くなりました。

目に見えない上に、じわじわと年月をかけて体に負担をかけていく

と何かの本でみた事があります。



近くの下水処理場の近くの海では、奇形の魚がいる という

事を聞いて、目に見えないケミカルなものは

海やその生き物にも負担をかけているんではないか と

心が痛くなったりしています。


石けんが水に全く負担をかけない とは思っていませんが

じゃんじゃん使うというよりは

少量をしっかり泡立てて大事に使っていただけたら

作り手としては嬉しいなーと思います。



もちろん、私は専門家でもありません

水も日々汚して生きていますし

完璧な人間でもなく

小さな小さな石けん屋。



頭、目、耳、鼻、口、肌、体の全てで感じ思う事を

少し立ち止まって考え、それに出した自分なりの答えに正直に

手探りしながら歩いて生きたいなーなんて思います。

ゆるりと。

シンプルに。





| 想い | 18:32 | comments(4) | trackbacks(0) |
ただ単純に


ただ単純に

綺麗な空が好き。

綺麗な海が好き。山がすき。

花や緑が好き。

動物が好き。

健康でいたい。

だから、

空が汚れるのは悲しい。

海が汚れるのは悲しい。

苦しむ動物がいる事が悲しい。

病気をすると悲しくなる。

自然も動物も人もみんな地球の一部。

壊すのは、汚すのは、苦しめるのは 人。

その、人である私達に、出来る事は何か。

生きている限り、完璧は無理だけれど。

少しでも。

悲しいスポンサーにならずに。

少しでも。

みんなが笑っていられる様に。

少しでも。

何かを考えてみなければ。
| 想い | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
想い


いつからか、私の心の奥に なぜかしら いつもある想い。

人の手によって壊される自然の事

人の手によって苦しめられる動物達の事。

かといって私も人間なので、それに関わっているという事。

以前書いていたブログでリアルファーに対する反対の記事を書いた時

とても沢山のコメントを頂き、批判の声や共感の声

本当に沢山考えさせられた事があります。

それが、very much moreサイトをオープンさせようと思った

きっかけであったかもしれません。

つらつらと想いを綴っているだけでは、始まらない。

出来るところから行動してみるがモットーとなりました。

人それぞれ、色々な考え 想いがあります。



動物実験の残虐な写真を何枚も見ました。

毛皮を生きたまま剥がされる映像も見ました。

保健所で安楽死という名の窒息死させられるペット達の映像も見ました。

苦痛に耐える 目 だけが何かを訴えていました。

私達の為にありがとう なんて とても思えませんでした。

動物も自然も言葉を持たないけど、きっと色んな事を言いたいのでしょう。

恐怖に満ちた悲しい目達が心に焼き付いてから、

私のちっぽけな悩みなんて、本当にちっぽけで、

偽善者と言われても、そんな事 本当にちっぽけで。

沢山の事を教えてくれた気がします。

生きていくには、矛盾がつきものですが、出来る限り

言葉を持たないもの達への悲しいスポンサーにならない様に

生きて行きたいな。と思います。

| 想い | 11:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |